心の風邪を治すには

心の風邪を予防

心の風邪を予防

心の風邪を予防 現代病ともいわれる「心の風邪」はどんな人でもなりうる病気の一つです。若い人から年齢を重ねた人まで世代を問わず増えています。予防法としてお勧めなのが「セロトニンを増やす生活」をすることでしょう。
セロトニンとは脳内にあるホルモンの一つで「幸せホルモン」といわれています。実は、心の風邪にならない人にはこのホルモンが多く分泌されていることがわかっているのです。セロトニンを増やすために大切なことは起床時に朝日をしっかり浴びることやウォーキングやジョギングなどの一定のリズムを刻む運動を適度に行うこと、セロトニンの材料となる必須アミノ酸を多く含む食材を食卓の中に積極的に取り入れることです。セロトニンを多く含む食材の代表格は、牛乳、卵、ヨーグルト、ツナ、鶏肉などで、おからや豆腐といった大豆製品もおすすめです。体の基本は食事からともいわれるぐらいですから、心の風邪の予防には普段口に入れるものに気を遣うことも必要なのかもしれません。

心の風邪は怖い体調不良ですが、予防策があります

心の風邪は怖い体調不良ですが、予防策があります 心の風邪は恐ろしいものです。普通の風邪と同じく誰もが突然発症する問題です。一度発症すると回復に時間が掛かります。場合によっては長期間通院や療養が必要です。社会人の多くが既に心の風邪に苦しんでいます。仕事に対して実直で自分に与えられたお仕事の責任をしっかりと請け負う、更に他人の面倒をいつも真面目にみる、というタイプが実は心の風邪になりやすいのです。
怖い病気ではありますが、予防する手段はあります。月並みですが、日ごろからストレス解消に努める事が大切です。現代人はそもそも働き過ぎであり、情報機器の発達も手伝って世の中は朝から晩まで、フル稼働しています。ストレス解消の時間、そして睡眠や休息の時間を意識的に設ける事が大事な予防策です。自分の趣味や娯楽にお小遣いを使う事に、抵抗感を覚える真面目な方も多いですが、いわゆる自分へのご褒美は心の風邪対策にプラスとなります。
社会に出ると趣味に充てる時間がそもそも減りやすいです。娯楽に充てる時間が極端に減る事はうつ症状の前兆であり、その変化を見落とすと、一気にメンタルが疲弊しますので、対策としては意識的に趣味にお金や時間を使い、また真面目過ぎる男女は良い意味で自分を甘やかす事が必要です。

Copyright © 2018 心の風邪を治すには all rights reserved.